Goonet おすすめの全国対応自動車ローン

---にお住まいの方へ!おすすめの自動車ローン!

自動車ローン選びのポイント

金利は?支払総額は?自分自身で、ちゃんと調べていますか? サービス内容は各社さまざま!それぞれに特色があります たくさんある選択肢の中から、あなたにピッタリの自動車ローンを選びましょう!

抑えておきたい3つの比較ポイント

  1. 金利(実質年率)

    支払総額全体に
    大きく影響!

    一般的に、ディーラー系のローンよりも銀行・信用金庫などが扱うローンの方が金利が低い傾向にあります。

  2. 借入可能額・最長借入期間

    思い切った買物なら
    要チェック!

    借入可能額や最長借入期間によっては、選べる車体が大きく異なってくる場合があります。

  3. 審査時間・来店の有無

    まとまった時間が
    とれないあなたも!

    融資可能かの判断は早ければ早いほど嬉しいもの。お急ぎの方にはネット申し込みがおススメ!来店不要のローンもあるから安心。

自動車ローン簡単検索

返済総額をシミュレーション

自動車ローンの賢い借り方

自動車ローンは“実質年率”で比較する

自動車ローンの借り方も多様化!

自動車ローンは、車の購入先のディーラーが提携している信販会社やクレジット会社から借り入れるのが一般的でした。しかし、今は、銀行や信用金庫なども自動車ローン商品に力を入れており、借り入れ先も多様化しています。中には、金利に保証料を含めた「実質年率」で2%を下回るような、魅力的な金利や条件を提示している商品もあります。

実際に負担する金利は?

ご存知の通り、ローンを選ぶときに比較したいのが「金利」です。
金利が高ければ高いほど利息の負担が大きくなりますので、なるべく低金利のローンを利用したいもの。 ただし、「金利」といってもいくつかの表記があり、どれを比較したらいいのか戸惑っている人が多いようです。 そこで、金利の違いについてご説明しましょう。

基本となるのが、表面金利や基準金利と呼ばれている「金利」です。 さらに、ローンによっては別途「保証料」が必要になるものがあります。保証料とは連帯保証人の代わりに保証会社に保証を委託し、そのときに支払う手数料のことを言い、これを金利に含めたものを「実質年率」と呼びます。 そのため、金利は保証料込みなのか確認することが大切です。

返済総額を比較しよう

金利が比較できましたら、「ローンシミュレーション機能」でぜひ返済総額を試算してみましょう。金利だけでなく、返済期間によっても返済総額に大きく影響しますので、返済のイメージをつかんでからローンを利用すると安心です。

〈自動車ローンの返済比較:200万円を借りた場合〉※元利均等返済、ボーナス返済なし
返済期間 4年 5年
実質年率 2.5% 3.5% 2.5% 3.5%
月々の返済額 43,828円 44,712円 35,495円 36,383円
返済総額 2,103,747円 2,146,176円 2,129,683円 2,183,009円
  差額:42,429円 差額:53,326円
先頭へ